チャンピックスは今迄の禁煙補助薬と違う

禁煙補助薬 禁煙を目指す人にとって、いかに挫折せずに禁煙を継続できるかが重要な問題です。
禁煙を行うと、体内のニコチン不足によってイライラや不安感など、様々な辛い禁断症状に襲われます。
多くの人がこの禁断症状に耐えられず、再びタバコを吸い始めて禁煙失敗に終わるのです。
このような方にも効果が期待できるのが、チャンピックスという禁煙補助薬です。
これは、既存の薬とは全く異なる成分によって構成されており、ニコチン依存してしまっている体を改善させる働きもあるのです。
これによって高い禁煙成功率を誇っており、医療機関の禁煙外来でも使用されているほどです。
そもそもタバコをやめられない理由は、タバコに含まれるニコチンが脳に到達し、ドーパミンという物質を放出することにあります。
このドーパミンは快楽やリラックス感をもたらす物質であるため、脳はその刺激を忘れられなくなってしまいます。
つまり、タバコを吸うことが快楽となってしまい、徐々に依存してやめられなくなってしまうのです。
そのドーパミンを、タバコ以外のもので補ってやるのがチャンピックスの薬効です。
チャンピックスの主成分は、脳のニコチン受容体と呼ばれる物質と結合し、ドーパミンを少量ですが放出します。
つまり、これを服用すれば、ニコチンを摂取しなくても快楽を感じられるようになるのです。
これが最大の特徴です。
既存の禁煙補助薬には、ニコチンパッチやニコチンガムなどがあります。
いずれもごくわずかな量のニコチンをあえて摂取することで、禁煙による禁断症状を和らげ、タバコを吸いたい衝動を抑えるという仕組みでした。
ニコチンを摂取し続けるため、身体のニコチン依存を改善することはできません。
しかし、ニコチンを使用していないチャンピックスならば、この依存をも軽減させることができるのです。
さらに、薬を服用している間は、脳のニコチン受容体が既にチャンピックスと結合してしまっているため、タバコのニコチンが結合する隙間がありません。
つまりタバコを吸ったとしてもドーパミンがでないため、以前のような快楽を感じられなくなるのです。
こうやって徐々にタバコへの執着が薄れ、自然と吸う本数が減っていって禁煙に成功できるのです。
このように、この薬はこれまでの禁煙補助薬とは明らかに違う仕組みを持っています。
試してみたい場合は、医師の処方を受ける他、インターネットの通販サイトなどでも気軽に購入することができます。
TOPに戻る