簡単でお得な通販

チャンピックスとは「すぐ禁煙」で有名な禁煙外来で処方される禁煙治療薬です。
バイアグラで有名なアメリカのファイザー社が開発しました。

チャンピックスが有名になった理由は簡単です。
禁煙成功率が圧倒的に高いからで、その成功率は85%以上と言われています。

ここでは、そんなチャンピックスを安く・簡単に購入する方法をお伝えしたいと思います。

一般的な入手方法は上述した禁煙外来で処方してもらう方法です。
しかし、わざわざ病院に行き、医師の問診を受ける必要があるため、処方してもらうまでが少々面倒です。
また、医師の診察を定期的に受ける必要があるため、時間・手間・費用がかかってしまいます。

これらの手間をなくし、自宅で簡単に入手する方法が海外からの個人輸入です。

個人輸入と聞くと難しく感じますが、個人輸入代行サイトを利用すれば一般的な通販となんら変わりありません。
チャンピックスを買い物カゴに入れて、注文を完了し、銀行振込みかクレジットカードで決済するだけです。

スマートホンやパソコンで注文するだけですので、病院に行く時間・手間は一切ありません。
医師の診察・問診を受ける必要はありませんので、交通費や診察料は一切かかりません。
また、大抵の場合、処方してもらうよりも安くお得に購入することができます。

しかし、個人輸入を利用する場合は、以下の2点で禁煙外来と異なりますので注意が必要です。

【個人輸入を利用する際の注意点】
 1.注文から実際に届くまでに7〜14日ほど要する
 2.パッケージが英語表記

どちらも海外からの取り寄せであるために発生することですが、使い切ってから追加分を注文しても10日前後は待つことになりますので、追加分が必要な場合は前もって注文しておく必要があります。
また、パッケージが英語表記ですが、詳細な使用方法は輸入代行サイトに記載されていますので、問題ないでしょう。
チャンピックスは元々海外で開発・製造されている医薬品ですので、日本語パッケージのものも英語パッケージのものも成分に違いはありません。単に見た目の違いですので気にする必要は一切ありません。

禁煙することによりタバコの購入費用を抑えることができますが、禁煙が完了するまではチャンピックスを購入する費用が発生します。
交通費や診察料も含めると費用はバカになりませんので、出来るだけ節約して入手するようにしましょう。

健康な体を取り戻すためにも、経済的な負担を減らすためにも禁煙成功率85%のチャンピックスを是非体感してみて下さい。

禁煙の方法と費用

禁煙にはいくつかの方法があります。主な方法は以下の通りで、合わせて費用も記載します。

1.自力で何とか我慢する→0円
2.禁煙外来に通いチャンピックスを利用する→19,000円〜70,000円
3.通販で購入したチャンピックスを利用する→23,000円〜40,000円

これらのメリットとデメリットをそれぞれご説明します。

■自力で何とか我慢する
【メリット】
 ・費用が掛からず取り掛かりやすい
【デメリット】
 ・禁煙成功率が低く、再度喫煙する確率が最も高い

■禁煙外来でチャンピックス
【メリット】
 ・禁煙成功率が高い
 ・保険適用となった場合、費用も割安になる(20,000円前後)
【デメリット】
 ・通院する手間がある
 ・保険適用のハードルが高く、適用外となると高額な費用(70,000円前後)
 ・一度禁煙に失敗すると次回は保険適用外(初診日から1年経過すれば再度保険適用)

■通販でチャンピックス
【メリット】
 ・禁煙成功率が高い
 ・通院する必要がない
【デメリット】
 ・保険適用時の禁煙外来よりやや割高(23,000〜40,000円前後)

自力で我慢することで禁煙できるなら、それに越したことはありませんが、それが簡単でないのは喫煙者の皆さんならご承知のことと思います。
現実的な禁煙方法となると、チャンピックスを服用しての禁煙になります。
チャンピックスの入手方法は2つあり、禁煙外来で処方してもらうか通販で購入するかのどちらかです。
最も良いのは「保険適用の禁煙外来(20,000円前後)」ですが、禁煙外来にはいくつかの問題があります。

禁煙外来の問題点

まず第一に保険適用のハードルの高さです。
「1日のタバコの本数×喫煙年数が200を超えること」
つまり、1日10本×喫煙年数10年=100のため、全く足りません。
かなりのヘビースモーカーでないと保険が適用されず、高額な費用(70,000円前後)を負担しなければならないという問題があります。

第二に禁煙成功率です。
こちらは人間的な問題になりますが、禁煙外来を利用した場合、医者に頼ることになるため少し考えが甘くなります。「禁煙に失敗したら医者のせい」という言い訳を自分に言い聞かせて喫煙する人が多いようです。
このため、通販で購入した場合の禁煙成功率85%とは大幅に異なり、禁煙成功率は40〜50%まで下落します。
また、禁煙成功後の喫煙率も高いため、実際の禁煙成功率はさらに低くなります。

こうしたことを踏まえると、最も現実的なのは「自力+チャンピックスによる禁煙」という方法、つまり通販でチャンピックスを購入することになります。

4週間で禁煙成功すれば15,000円程度、12週間かかった場合でも40,000円程度のため、いつものタバコ代と同程度か少し高いくらいだと思います。
禁煙が成功する前提で考えれば、その後は一切タバコ代は掛からないため、経済的であることは言うまでもありません。

医者に行く必要がなく、成功率の高い禁煙方法が23,000〜40,000円。高いと見るか、安いと見るかはあなた次第です。

チャンピックスを通販するメリット

診療代5回分+通院5回の面倒で通院は損
禁煙治療のスケジュール
チャンピックスを通販するメリットとして、病院での診療で処方してもらう方法と比べて、安価な値段で手に入れることができることです。
この場合、病院でもらうことと比較して、通販で手に入れることは、薬の用量や使い方に関する知識が必要となってきます。
また、この禁煙補助薬は医師の処方箋がなくても個人的に使用することに限って、合法的に購入できます。
さて、この禁煙補助材を通販で購入する場合の相場はどのくらいなのでしょうか。
平均価格として、約7000円+送料1000円ほどで輸入できます。
これは、正規品を手に入れるのに安い価格といえるのではないでしょうか。
病院で処方してもらう場合、病院によって値段が違いますが、2週間分を処方してもらうのに、約8400円ほどかかります。
また別途で診療代も掛かるため、通販で手に入れる場合と比較しても一目瞭然です。
増税の影響でタバコの値上がりに対して、節約目的で禁煙を始める場合、こうした通販でチャンピックスを手に入れる事で、安価な値段で薬が手に入ることが最大のメリットです。
また、インターネットで購入出来る手軽さも禁煙に挑戦する人が多くなった最大の理由かも知れません。

タバコはデメリットだらけ

チャンピックスのメリット タバコを吸うと気分が落ち着く、イライラが抑えられるという方もいらっしゃるものですが、やはりタバコはメリットよりデメリットの方が多いと言えます。
自身の健康に悪い影響が出るのはもちろんですが、副流煙による受動喫煙も問題となっており、家族の健康にも影響が出てしまいますし、周りの人にも迷惑をかけてしまう場合もあります。
今はどこにいっても禁煙、分煙席が用意されている時代で喫煙者には肩身の狭い時代です。
さらにタバコは以前よりかなり値上がりしていますし、その費用のことでも悩まれている方も多いのではないでしょうか。
タバコはやめようと思っても、その日からすっきりやめられるものではありません。
タバコを長く愛用している方はタバコに含まれるニコチンに依存してしまっている方も多く、ニコチンが切れたことで、精神的に不安定になったり、イライラする気持ちが起こり、そのため、我慢しきれずにまたタバコに手を出してしまうと傾向にあります。
そして、量は減らすことができても、すっきり断ち切れないという方も少なくありません。
今は様々な禁煙に役立つ商品も出ていますが、本気で禁煙したいというのであれば、禁煙外来にも相談してみると良いでしょう。

タバコ代とチャンピックスの費用

節約 年間の節約(お金と健康)
1日20本の喫煙者⇒450円×30日=13,500円×12ヶ月=162,000円
チャンピックス⇒500円×30日=15,000円×3ヶ月=45,000円(70%以上節約)

禁煙治療は様々な方法で行われていますが、特にチャンピックスは注目されている治療です。
まずこの日から禁煙をすると決めた一週間前からチャンピックスを開始し、一気に増やすのではなく徐々に量を増やしていきます。
そして、8日目から禁煙し、12週間薬を飲み続け、禁煙を成功させていく治療です。
チャンピックスを服用すると、ニコチンより少量のドーパミンを放出させて、ニコチン切れの症状を軽くすることができ、さらに我慢できなくなってタバコを吸っても美味しいと感じにくくなるとされています。
治療費についても気になるところです。通販サイトによっても違いますが、2週間分で7,500円前後と考えると、タバコを1日1箱を450円とすれば、それだけでタバコ代は月13,500円ほどかかりますので、治療が月15,000円ほどと考えるとタバコ代と大差なく禁煙後は全てが節約出来ます
そして、禁煙に成功できれば、その後はタバコ代が必要なくなりますので、貯蓄に回したり、他の趣味につぎ込むなどより有効にお金を使うこともできます。
自分はもちろん、家族や周りの方への影響を抑えることもでき、経済的にもゆとりができるなどやはり禁煙には大きなメリットがあると言えそうです。
TOPに戻る