病院で治療を受けることのメリット

病院で禁煙治療を行うメリットは、まず条件を満たせば一部のみ健康保険が適用されることです。
いくつかのテスト項目があります。

・ニコチン依存症のテスト
いくつかの質問項目があり、「はい」と「いいえ」で答えるテストになります。
「はい」が1点、「いいえ」が0点で合計が5点以上あることでニコチン依存症とされます。

・ブリンクマン指数の測定
これは1日に吸っているタバコの平均本数と喫煙を始めてからの喫煙年数を乗じて計算されるもので、これが200を超える必要があります。

・意志の確認
自分自身の意志で1ヶ月以内に禁煙したいと思っているか聞かれます。

・同意書にサイン
これから禁煙治療を受けるにあたって文章で合意する必要があります。
書くことは日付や名前くらいです。

この4つの条件を満たしている場合には、一部のみ健康保険が適用され治療を保険で治療を受けることができるようになります。
万が一、途中で挫折してしまっても1年間は自由診療となっているので、健康保険は適用外となりますが再度治療を受けることができます。
他に病院で診療を受けるメリットとして、喫煙状況に応じた医師の判断やアドバイスを貰うことができるので1人ではなく、担当医師と一緒に禁煙をすることができるので、気持ち的に楽になります。

通販などで薬を購入して禁煙するメリット

通販での薬の購入のメリットは何より自分のタイミングで好きな時に禁煙を始めることができることです。
病院などに通院しての治療の場合には、時間も費用もかかります。
仕事などの事情で時間が作れない方や忙しい方には、自宅でも簡単に禁煙できる通販の方がおすすめです。
主なメリットとしては、以下があげられます。

・通院できない人でも自分で購入して薬の服用を始められること
医師から禁煙薬を処方してもらうには、一度診察を受けなければならず、毎回の通院ともなると診察代もかさみます。
トータルで考えたら通販での購入の方がお得です。

・ジェネリック医薬品の購入になるので薬価が抑えられ経済的
ジェネリック医薬品の購入する場合は海外からの取り寄せとなり、インターネットからでも簡単に注文することができます。
英語がわからない人でも個人輸入代行サービスを行っているネット通販のお店もあるので代行して購入してもらうことも可能。
その場合は面倒な手続きなどもないので、どちらにしても薬を安く購入することができます。

・ジェネリック医薬品なので新薬を同一の効果が得られる
特許がきれた後に販売される薬がジェネリック医薬品なので、効果や副作用も新薬とほとんどかわらず、新薬と同一の効果を得ることができます。
時間がない方や自己負担額を減らしたい方は通販の方をおすすめします。
TOPに戻る