ドーパミン放出の仕組みを知る

ドーパミン タバコを吸うと、煙とともにニコチンも体の中に取り入れる事が出来ます。
体内に入って来た後、血液の中に入って脳まで到着すると、脳内からドーパミンが放出される事になるのです。
ドーパミンは嬉しく感じたり心地よく感じる物なので、結果的にタバコを吸うとリラックスできると感じる事になります。
ただこのドーパミンですが、人間は日常生活を送っていれば自然に放出する事があります。
それが誰かから褒められたり、何か良い事があって嬉しく感じたりした時です。
しかしタバコを吸う事によって強制的にそれを放出させるようになると、自然には放出されなくなって行ってしまいます。
その為、脳内にそれがある時は良いのですが、それが一生そこにあり続ける事はなく時間とともに減って行ってしまうと、脳内でそれが不足したという信号が出るのです。
そして再び人はそれを欲し、タバコを吸って欠乏している状態を補おうとします。
このようなシステムになっているので、禁煙してタバコを吸わなくなってしまうと、脳内ではニコチンが欲しくてたまらない状態になってしまいます。
つまり、その依存症と言っても良いでしょう。

ニコチンは一時的な症状緩和に過ぎない

そしてイライラしてしまい、結果的にやはり楽になりたい、苦しみから解放されたいと思って、またタバコに火をつけてしまい禁煙は失敗する、という事は少なくありません。
その為、ニコチン不足を解消する方法として、パッチ等でそれを補うのが禁煙をする時に多く用いられています。
禁煙 パッチを使えば不足しているのを補えるので、結果的に欠乏症を緩和する事は可能です。
しかしまた足りなくなってくると症状が出てきてしまいます。
つまり、足りない物を補うという事は、依存症の根本的な解決ではなく、あくまでも一時的に症状を緩和しているに過ぎないのです。
従ってパッチとかガムとかをかまなくなってしまうとまたタバコを吸いたくなってしまう事も少なくありません。
実はその欠乏症を根本的に改善できていない事、堂々巡りになってしまっている事、それが禁煙を失敗してしまう原因の一つなのです。

従って、確実に禁煙したいのであればその症状を緩和する事を目的とするのではなく、まず体自体、ニコチン依存症から脱出させなければいけません。
足りないからそれを補うというのでは、結局の所その場しのぎとなってしまいます。
その為、まずは禁煙補助剤を使ってニコチン以外の物でタバコを吸いたいと思ってしまう衝動を抑える必要があります。
TOPに戻る