タバコの満足感が減る

禁煙 新たなタイプの禁煙薬として最近注目を集めているのが、チャンピックスという薬です。
禁煙に伴うニコチン不足によるイライラや不安感、ボーっとするといった禁断症状を抑え、タバコを吸いたいという衝動を軽減してくれます。
また、ニコチンの代わりに作用する成分が脳内のドーパミンを放出させ、喫煙しなくても満足感や快楽をもたらし、タバコへの執着がなくなっていく効果があります。
最大の特徴は、ニコチンを全く含んでいないのにニコチンと同じ作用をもたらす点です。
脳内のニコチン受容体と結合する性質を持つため、たとえタバコを吸ったとしてもチャンピックスの成分が先に結合しており、タバコによってドーパミンが出ることがなくなります。
つまり、タバコを吸っても満足感が得られなくなるのです。
これによって、高い確率で禁煙が成功できます。

チャンピックスの使用方法

チャンピックスの使用方法ですが、少々複雑ですので順に見てみましょう。
使用期間ですが、基本は12週間(3ヶ月)ずっと服用することになります。
途中で禁煙に成功したと感じれば、服用をやめてもかまいません。
ただ、確実に成功させるためには12週間飲み続けた方が良いでしょう。

チャンピックスの使用方法 喫煙OK
・1日〜3日(1日1回食後に服用)1錠@0.5r
・4日〜6日(1日2回食後に服用)1錠@0.5r

喫煙NG
・7日〜120日(1日2回食後に服用)1錠@1.0r

1日1回飲んでいくのですが、まず3日間は必ず欠かすことなく食後に服用します。
できるだけ同じ時間帯に服用した方が、血中濃度を保つためにも良いとされていますが、食事が不規則な方は同じ時間にこだわらなくても大丈夫です。
4日目からは1日に2回、昼ごはんを除いた食後に服用します。
この1週間目までは、喫煙したままでも効果に変わりはありません。
7日目以降は、0.5mgだったのを増やして1.0mg錠を服用していきます。
1週間目以降は、一切タバコを吸ってはいけません。
それまで正しく服用して入れば、その頃にはもうタバコを吸いたいという欲求はそれほど強くないでしょう。
2週間目から12週間目までは、1.0mg錠を1日2回飲み続けます。
ここで服用を辞めたり、量を減らしたりするとタバコへの欲求が復活してしまうこともありますので、もう必要ないと思っても慎重に判断しましょう。
気になる副作用についてですが、最もよく見られるのは吐き気や便秘などの胃腸症状です。
10%程度の割合で、頭痛が現れる場合もあります。
どの症状も比較的軽症であることがほとんどですので、過剰に心配することはありません。
また、不眠やイライラが現れることもありますが、禁煙による禁断症状であることもあるので、気になる場合は医師に相談しましょう。

節煙は逆に依存を強める可能性がある

ニコチン依存症 禁煙する時の方法として、スパッとその時点からタバコを止める方法と、それではきっと辛いから、少しずつ本数を減らそうとする方法があります。
ちなみに後者の方は節煙と呼ばれる物です。
どちらの方法も禁煙には効果がありそうに思えますが、実は節煙する事によって、よりタバコへの依存を強めてしまう事があるのをご存知ですか?
節煙は前述したように、吸う本数を減らす方法です。
禁煙をしていない時は、実は好きなだけ吸えるので、それほどしっかりと吸わない事も少なくありません。

しかし節煙をすると、その日に吸える本数が決められているので、この1本1本を大切にしようという気持ちが働いてしまい、結果的に時間をかけて深く吸い込んでしまうのです。
その為、実はいつでも吸えるという状態の時以上にタバコのことばかり考えてしまうようになります。
勿論、人それぞれなのでそう思わない人もいますが、中にはタバコに対する依存を強めてしまう人がいる事を知っておきましょう。
また、節煙の場合は頑張って我慢した後にまたタバコを吸う事が出来ます。
我慢して、そして欲しくてたまらなかったタバコをようやく吸える状態、それは空腹時にも似ている感じで、何よりもその煙がおいしく感じてしまうかもしれません。
例えば1日5本だけと決めた場合、結局は1日5回、至福の一時を迎えたと感じるかもしれないのです。
その為、結局はどうしても頭の中から「タバコ=おいしい」という図式がなくならない事になってしまいます。
こうなると結局その誘惑に負けて禁煙自体が失敗するだけでなく、禁煙前よりも1日に吸う本数が増えてしまう事だってあるのです。
したがって、一見効果的に見えそうな節煙ですが、実は逆にタバコ・ニコチンへの依存を高めてしまう事があるので注意しましょう。
ただ、節煙しようと思った気持ちはとても大切です。
重要な事は、この時点でタバコを余りおいしくないと感じる様にするという事になります。
従って、そう決めた時点で禁煙補助薬等を使ってみると、本数が減った事に対するイライラ・欠乏感等をかなり軽減できることもあるのです。
喫煙が習慣となっている人にとって、禁煙する事はかなり大変な事ですが、決して無理な事ではありません。
ニコチンパッチ等を使って禁煙する事もできますが、この場合、それを使うのを辞めてしまうとまたタバコを吸いたくなってしまう事も有ります。
節煙で禁煙に成功する事も有りますが、時にはタバコに対する依存を強めてしまう事があるのを知っておきましょう。

タバコの習慣と本数

タバコのリスク 禁煙という言葉は、タバコを吸う人が基本的に好まない言葉で有りますが、逆にそうなりたいという憧れの言葉でもあります。
タバコは百害あって・・・と言われる位、体には決して良くない習慣の代表選手と言えるでしょう。
その為、禁煙を実現するために、様々な手法が試され、様々な禁煙の為の禁煙アイテムが考え出されています。
有名なものとしてはニコチンガムがあります。
ガムの中に含まれたニコチンが口の中から体内に取り込まれ、ニコチンの禁断症状を一時的に抑えるようになっています。
そして口から取り込んでいたニコチンを皮膚から取り込むようにしたのがニコチンパッチです。
これは医師による禁煙治療にも使われていて医薬品に該当します。
このやり方だと徐々に摂取量を減らす事が出来るので、ニコチン依存症を根絶することが可能だと言われています。
一般に喫煙習慣と言うのは、このようにニコチンが切れてくることにより禁断症状がでますが、それ以外に習慣化している事柄を代替行為で紛らわすというやり方の禁煙アイテムも存在します。
昔CMが大変評判になった禁煙パイポとか電子たばこ等はそのような商品になります。
タバコ自体を口にくわえて、匂いを楽しみ、煙を口から出すという行為を、代替させることで、禁煙、あるいは減煙を促進するものです。
実際タバコの消費本数を減らすのには大変有効です。

120日の服用で禁煙成功率85%

チャンピックスの効果 そのような様々な経緯をもとに開発された医薬品が、ファイザー社のチャンピックスです。
この薬は、従来の薬とは開発の思想が大きく異なります。
タバコを喫煙する場合の快感発生のメカニズムにメスを入れてものづくりをしています。
通常の喫煙の際には、ニコチンとニコチン受容体が結合する時、ドーパミンが脳内に出て快感が発生するので、喫煙習慣が起きるのです。
そして、この薬「チャンピックス」にはニコチンは含まれていません。
ニコチンと人間体内に入った時に同じ動きをする成分が内包されているのです。
その為、この薬の有効成分が体内のニコチン受容体に結合してしまうのです。
だからタバコを吸った時に体内にとりこまれるニコチンがニコチン受容体と結合することを出来なくなります。
つまりタバコを吸っても、少しもおいしくない、あるいは不快感を全身で感じるようになります。
代替、早い人で2週間、大概のひとで1ヶ月でタバコに対して執着が無くなってしまいます。
3ヶ月服用を続ければ、普通の喫煙者であれば完全に禁煙出来る確率は85%と言われています。
逆に服用を途中で中断してしまうと成功率が急激に低下し医療費を無駄にしてしまうので注意が必要です。

順調な経過観察

禁煙を始めるためにチャンピックスを購入し服用を始めました。
最初の3日間は1錠を服用するだけですが、胃がむかむかする感じがして気持ち悪い状態が続きました。
副作用だとわかりましたが、身体にチャンピックスが効いているんだと思い我慢して服用を続けました。
この3日間で喫煙に対する欲がなくなったかというと全然ありました。
なので吸いたくなったらタバコを普通に吸っていました。
4日目からは2錠の服用となり、副作用もなくなりタバコを吸っても満足感が得られなくなってきて、本数も減り食後に一服する程度になりました。
7日目からは吸ってはいけないので、我慢になりますがおいしくなくなってきたので吸わずにいられる気がします。

副作用と喫煙欲求との戦い

1ヶ月間吸わないでいられるようになりましたが、3日に1回くらい軽く吸いたい時や手が震えるくらいの禁断症状がでますが、それを我慢し喫煙欲と戦う日がありますが、なんとか頑張って禁煙しています。
鼻が良くなってきたせいか、匂いに敏感になってきて喫煙者の煙の臭いを嗅ぐと少し気持ち悪くなります。
最初の1週間目に感じた副作用に似た感じがします。
毎日吸っていたタバコがこんなに嫌な臭いなんだとわかり、喫煙者には戻りたくないという気持ちが強くなり、タバコを吸いたいときがあっても我慢できるようになりました。
また、いつの間にかタバコに対して「吸わないように」ではなく「吸いたくない」に自然と気持ちが変わっていきました。

喫煙欲求の緩和と成功への道筋

なんとか禁断症状などと闘いながら禁煙生活も3ヶ月が経過したが、味覚が前に比べ良くなったのか食べ物も美味しく感じ、朝の寝起きもかなりよくなり身体が軽くなってきた感じがする。 なにより1日1箱のタバコ代がなくなったのが大きい。
3ヶ月で4万円近くもタバコ代が浮いた。
タバコを吸いたい気持ちもほとんどなくなり、タバコを吸っている人を見ても何とも思わなくなり、少し吸いたいなんて気持ちもどこかにいってしまった。
ここまでこれたのはチャンピックスのおかげだが、無理してタバコを吸わないようにしなかったのが大きかった。
また徐々に身体が健康的になっていくのを感じれるのも禁煙を成功できるきっかけの1つだったかもしれない。

禁煙成功の喜び

禁煙を始めてなんだかんだで6か月が経過し、毎日吸っていたタバコが完全に生活の中から消えました。
禁煙をして唯一のデメリットは食べ物が美味しくなってしまい食欲が増し、体重が5キロほど太ったこと。
後はメリットしかなく、口臭が臭くなくなったり、歯にたっぷりと付いていたヤニも綺麗になり、タバコを持っていた指の色も戻り、体力も増え、寝起きが楽になったり、なんだか肌にハリやツヤが出てきたように感じます。
今はまだ気付いていませんが、きっともっと多くのメリットがあるはずです。
タバコを止めてから身体への負担や生活への負担(タバコ代)がなくなり、自分の有意義な時間も増えたような気がしています。
喫煙を始めるときは軽い気持ちで始めましたが、禁煙をするにはしっかりタバコを止めたいという意志がなければできなかったです。
しっかりとタバコを止めることができ、自分に自信も付きました。
タバコを吸わなくなってから多くの喜びを感じることができるようになり、最初の1週間の副作用で気持ち悪くなったり、喫煙欲や禁断症状との戦いも懐かしく感じます。
健康なども考えて禁煙したいと思ったら無理なく禁煙できるチャンピックスがおすすめです。
TOPに戻る