タバコの満足感が減る

禁煙 新たなタイプの禁煙薬として最近注目を集めているのが、チャンピックスという薬です。
禁煙に伴うニコチン不足によるイライラや不安感、ボーっとするといった禁断症状を抑え、タバコを吸いたいという衝動を軽減してくれます。
また、ニコチンの代わりに作用する成分が脳内のドーパミンを放出させ、喫煙しなくても満足感や快楽をもたらし、タバコへの執着がなくなっていく効果があります。
最大の特徴は、ニコチンを全く含んでいないのにニコチンと同じ作用をもたらす点です。
脳内のニコチン受容体と結合する性質を持つため、たとえタバコを吸ったとしてもチャンピックスの成分が先に結合しており、タバコによってドーパミンが出ることがなくなります。
つまり、タバコを吸っても満足感が得られなくなるのです。
これによって、高い確率で禁煙が成功できます。

チャンピックスの使用方法

チャンピックスの使用方法ですが、少々複雑ですので順に見てみましょう。
使用期間ですが、基本は12週間(3ヶ月)ずっと服用することになります。
途中で禁煙に成功したと感じれば、服用をやめてもかまいません。
ただ、確実に成功させるためには12週間飲み続けた方が良いでしょう。

チャンピックスの使用方法 喫煙OK
・1日〜3日(1日1回食後に服用)1錠@0.5r
・4日〜6日(1日2回食後に服用)1錠@0.5r

喫煙NG
・7日〜120日(1日2回食後に服用)1錠@1.0r

1日1回飲んでいくのですが、まず3日間は必ず欠かすことなく食後に服用します。
できるだけ同じ時間帯に服用した方が、血中濃度を保つためにも良いとされていますが、食事が不規則な方は同じ時間にこだわらなくても大丈夫です。
4日目からは1日に2回、昼ごはんを除いた食後に服用します。
この1週間目までは、喫煙したままでも効果に変わりはありません。
7日目以降は、0.5mgだったのを増やして1.0mg錠を服用していきます。
1週間目以降は、一切タバコを吸ってはいけません。
それまで正しく服用して入れば、その頃にはもうタバコを吸いたいという欲求はそれほど強くないでしょう。
2週間目から12週間目までは、1.0mg錠を1日2回飲み続けます。
ここで服用を辞めたり、量を減らしたりするとタバコへの欲求が復活してしまうこともありますので、もう必要ないと思っても慎重に判断しましょう。
気になる副作用についてですが、最もよく見られるのは吐き気や便秘などの胃腸症状です。
10%程度の割合で、頭痛が現れる場合もあります。
どの症状も比較的軽症であることがほとんどですので、過剰に心配することはありません。
また、不眠やイライラが現れることもありますが、禁煙による禁断症状であることもあるので、気になる場合は医師に相談しましょう。
TOPに戻る