生活パターンを変えてみる

喫煙は自分の生活の中で決まった時にタバコを吸っていることが多く、喫煙に結びつく行動を変えてみるのも禁煙を続けるコツになります。
・朝の行動を変えてみる
朝起きた時にシャワーを浴びたり、着替えたり、歯を磨いたり、朝食を食べたりしますよね。
起きてからの一番最初にとっている行動の順番を変えて喫煙する時間をなくすのも1つです。
・食後、早めに席を離れる
喫煙者の多くは食後の一服をすることが多く、外食している時は特に食べ終わった後にタバコを吸ってしまいがちです。
なので、その習慣を止め外にでれば路上は喫煙できないのでタバコを吸えず、自分で吸う機会を失わせます。
少しずつ喫煙パターンから離れるのも成功のコツです。

生活環境を変える

喫煙は不思議と吸っている人を見ると吸いたくなってしまうので、タバコを吸ってしまうきっかけを変えるのも1つです。
・タバコやライターを処分してしまう
・喫煙所やタバコの煙が多い所(居酒屋など)は控える
・喫煙者に近寄らない
・コンビニに行くのを控える
・タバコの匂いを嗅がないためにマスクをつける
・自分の周辺の人に禁煙宣言をする
しっかりと禁煙を継続したいのであれば、こうした工夫をして生活環境を変えていくのも大切な行動です。
喫煙欲はちょっとしたことから起こるので、タバコを吸わない以外にも周囲の環境にも変化をつけていきましょう。
細かいことかもしれませんが、こういったことも禁煙を続けていくコツです。

喫煙をしないように他の行動をする

習慣づいてしまっている喫煙のタイミングをずらすのも上手に禁煙を続けていくコツです。
・タバコ以外のストレス発散方法を見つける
・ガムなどを噛むようにして口のさびしさを紛らわす
・歯を磨く
・軽い運動をしたり、気分を紛らわすために散歩や掃除をする
・深呼吸して気持ちを落ち着かせる
など、他にも色々と方法はあると思いますが、吸いたいと思ったタイミングを自分で見つけ、喫煙したくなった時に違う行動をすることによって喫煙欲を抑えたり、紛らわすことができるようになります。
3ヶ月くらいまでは喫煙したくなってしまったり、禁断症状がでることもありますが、こういった方法を見つけておくことで我慢できるようになるはずです。
TOPに戻る