チャンピックスを通販するメリット

診療代5回分+通院5回の面倒で通院は損
禁煙治療のスケジュール
チャンピックスを通販するメリットとして、病院での診療で処方してもらう方法と比べて、安価な値段で手に入れることができることです。
この場合、病院でもらうことと比較して、通販で手に入れることは、薬の用量や使い方に関する知識が必要となってきます。
また、この禁煙補助薬は医師の処方箋がなくても個人的に使用することに限って、合法的に購入できます。
さて、この禁煙補助材を通販で購入する場合の相場はどのくらいなのでしょうか。
平均価格として、約7000円+送料1000円ほどで輸入できます。
これは、正規品を手に入れるのに安い価格といえるのではないでしょうか。
病院で処方してもらう場合、病院によって値段が違いますが、2週間分を処方してもらうのに、約8400円ほどかかります。
また別途で診療代も掛かるため、通販で手に入れる場合と比較しても一目瞭然です。
増税の影響でタバコの値上がりに対して、節約目的で禁煙を始める場合、こうした通販でチャンピックスを手に入れる事で、安価な値段で薬が手に入ることが最大のメリットです。
また、インターネットで購入出来る手軽さも禁煙に挑戦する人が多くなった最大の理由かも知れません。

タバコはデメリットだらけ

チャンピックスのメリット タバコを吸うと気分が落ち着く、イライラが抑えられるという方もいらっしゃるものですが、やはりタバコはメリットよりデメリットの方が多いと言えます。
自身の健康に悪い影響が出るのはもちろんですが、副流煙による受動喫煙も問題となっており、家族の健康にも影響が出てしまいますし、周りの人にも迷惑をかけてしまう場合もあります。
今はどこにいっても禁煙、分煙席が用意されている時代で喫煙者には肩身の狭い時代です。
さらにタバコは以前よりかなり値上がりしていますし、その費用のことでも悩まれている方も多いのではないでしょうか。
タバコはやめようと思っても、その日からすっきりやめられるものではありません。
タバコを長く愛用している方はタバコに含まれるニコチンに依存してしまっている方も多く、ニコチンが切れたことで、精神的に不安定になったり、イライラする気持ちが起こり、そのため、我慢しきれずにまたタバコに手を出してしまうと傾向にあります。
そして、量は減らすことができても、すっきり断ち切れないという方も少なくありません。
今は様々な禁煙に役立つ商品も出ていますが、本気で禁煙したいというのであれば、禁煙外来にも相談してみると良いでしょう。

タバコ代とチャンピックスの費用

節約 年間の節約(お金と健康)
1日20本の喫煙者⇒450円×30日=13,500円×12ヶ月=162,000円
チャンピックス⇒500円×30日=15,000円×3ヶ月=45,000円(70%以上節約)

禁煙治療は様々な方法で行われていますが、特にチャンピックスは注目されている治療です。
まずこの日から禁煙をすると決めた一週間前からチャンピックスを開始し、一気に増やすのではなく徐々に量を増やしていきます。
そして、8日目から禁煙し、12週間薬を飲み続け、禁煙を成功させていく治療です。
チャンピックスを服用すると、ニコチンより少量のドーパミンを放出させて、ニコチン切れの症状を軽くすることができ、さらに我慢できなくなってタバコを吸っても美味しいと感じにくくなるとされています。
治療費についても気になるところです。通販サイトによっても違いますが、2週間分で7,500円前後と考えると、タバコを1日1箱を450円とすれば、それだけでタバコ代は月13,500円ほどかかりますので、治療が月15,000円ほどと考えるとタバコ代と大差なく禁煙後は全てが節約出来ます
そして、禁煙に成功できれば、その後はタバコ代が必要なくなりますので、貯蓄に回したり、他の趣味につぎ込むなどより有効にお金を使うこともできます。
自分はもちろん、家族や周りの方への影響を抑えることもでき、経済的にもゆとりができるなどやはり禁煙には大きなメリットがあると言えそうです。
TOPに戻る