禁煙治療薬「チャンピックス」の効果効能や副作用、通販で購入するメリットをご紹介します。

受動喫煙の怖さ

受動喫煙 喫煙という行為についてタバコを吸う人はどの程度しっかり考えているでしょうか?
近年ではタバコはどんどん値上がり、公共施設からは締め出しをくらい、飲食店や娯楽施設でも分煙や禁煙スペースが確保されたり風当たりが強くなっています。
そういった規制がされるという事はそれなりの理由があるからであるという事をまずは考えてみましょう。

タバコは昔から「百害あって一利なし」とも言われている通り人体にとって多くの悪影響を及ぼしますが、これはタバコを吸っている人はもちろんの事、喫煙者の周りの人間にしても同じことが言えます。
フィルターを通して発生する煙を主流煙といい、燃えている箇所から発生する煙を副流煙と言います。 副流煙はフィルターを通していない分、有害成分がカットされる事なく大気に放出されます。
その有害物質を大量に含んでいる副流煙を吸ってしまったり、喫煙者が主流煙を吸って吐き出した呼出煙などを吸い込んでしまう事を「受動喫煙」といい、ここ数十年でとても問題視され解決策が考えられてきました。
受動喫煙はセカンドスモーク、二次喫煙、間接喫煙とも言われています。
主流煙を吸っている人よりも周りにいる副流煙や呼出煙を吸っている人間の方が体に対して悪影響を受けていると言っても過言ではなく、そうした観点から公共施設や飲食店などでの禁煙が広まってきたと言えます。
受動喫煙が実際にどれくらい体に対して悪影響を及ぼすのでしょうか?
まず、受動喫煙をうける事により起こる分かりやすい症状についてご紹介します。

分かりやすい受動喫煙の症状
目の異常 目のかゆみ 目の痛み 涙 瞬目
鼻の異常 くしゃみ 鼻閉 痒み 鼻水
喉の異常 喉の痛み
他の異常 頭痛 吐き気 咳 喘鳴 呼吸抑制 心拍増加
これは受動喫煙を受けて比較的すぐに現れる症状で、煙がかからない場所に移動すればすぐに改善される事の方が多いです。
ところが、これが一時的ではなく毎日の生活で継続的に煙を浴びるような環境下にいるとどのような影響があるでしょうか?
毎日の生活で受動喫煙をうけている場合に起こりうる可能性がある症状や病気をご紹介致します。
小児の場合 乳幼児の突然死 肺の発達遅延 低出生体重児 学童期の咳 痰 喘鳴 息切れ 呼吸器症状 急性反復性中耳炎 小児喘息 ペルテス病
成人の場合 心筋梗塞 狭心症 動脈硬化 肺癌 乳がん 副鼻腔がん 喘息 気管支炎 体臭の悪化鼻の違和感
他にも多くの症状を引き起こすリスクが高まる症状や疾患、病気が存在します。
受動喫煙をしていると必ず引き起こすというわけではありませんが、可能性が大幅に高くなるという事は決して忘れてはいけません。
喫煙者は常にこうした非喫煙者への配慮を怠らないようにする事が「愛煙家のマナー」と言えます。
2020年には東京でオリンピックが開催される事もあり、ますます禁煙の運動や取り組みというのは広まっていく事が予想されています。
もしこういった気遣いをするのが面倒だと感じてしまう場合は、いっそのこと今のうちに禁煙してしまう事をおすすめします。
自分自身の健康のため、愛する家族の健康のためといった理由で固い意志の元に禁煙に踏み切る人も大勢いらっしゃいます。
確固たる意志の元喫煙をはじめても決して簡単ではない禁煙の成功率というのは非常に低いのが現実です。

もし禁煙に失敗した経験がある人、これから禁煙に踏み切ろうか悩んでいる人がいたら、禁煙の成功率を上げるには禁煙補助薬のチャンピックスがとてもおすすめです。
TOPに戻る