チャンピックスの副作用

チャンピックスの副作用 チャンピックスの副作用は、殆ど見られず1割程度の方に軽度な症状が現れるようです。
主な症状としては吐き気・頭痛・便秘となっています。
吐き気・頭痛自体はそれを服用してある程度の時間が過ぎると次第に起きてくるものです。
便秘に関しては、もともと快便だった人もなかなかコンスタントに便がでなくなっていく事があります。
これらの症状が酷くなってきた時は、病院へ行き医師に相談してみましょう。
また、精神的な物で副作用が出る可能性もあります。
それが焦り・不安感・気分が落ち込む等です。
ちなみにもともと精神的に不安定な人はよりこれらの状態になりやすい傾向があるので注意しましょう。
時にはチャンピックスを服用する事によって、めまいが起きてしてしまう事も有ります。
最初のうちは1日に1回、途中から1回2回となりますが、飲み続けて行ったらめまいを感じる様になった、なんて言う人もいるのです。
チャンピックス自体は禁煙補助薬としてかなり効果があると報告されている薬ですが、良く効く薬だからこそ副作用が出てしまいやすくなります。
特に空腹時に飲むとよりその症状が強く出る事があるので、必ず何か食べてから飲むようにしましょう。
しっかりとした食事でなくても、パン1個やバナナ1本でもかなり違います。
もしその症状が強く出てしまった時は病院へ行って医師にそのことを相談すべきです。
そして今後、継続して服用するかどうかを決めても良いでしょう。
また便秘に関しては、軽い状態であれば食生活を改善する事でかなり軽減する事も可能です。
まずは食物繊維を多く含むものを食べる事、そしてスムーズに排出する為にも水分を多く摂取するようにしましょう。
禁煙を成功させる効果があると評判の薬ですが、副作用も個人差はありますが出る事があります。
まずはどのような症状が出る可能性があるかを知り、良く理解してから服用するのがポイントです。
TOPに戻る