タバコの禁断症状について

禁断症状とは医薬品や娯楽薬を一度もしくは長期的に服用したことによって、それらが習慣化してしまい、いざ止めようとする際に身体が何らかの反応を起こすことを言います。
離脱症状と呼ばれる事もあります。
タバコも例外ではなく、個人差はありますが喫煙期間が長い人、一日に吸う本数が多い人ほど何の工夫もなしに禁煙を開始すると禁断症状によって苦しむ形になります。
主な禁断症状 タバコの事しか考えられなくなる 落ち着きがなくなる 口が寂しくなる 集中力が散漫になる 眠気に襲われる 体に倦怠感が現れる 頭痛 便秘 夜の寝付きが悪くなる イライラ など
人によってどのような禁断症状が出るかは個人差があり、一概には言えませんが上記のような症状が主な症状です。
また、禁煙を開始してから禁断症状が現れる期間に関しても、とても個人差があり、一般的には3週間程度で禁断症状がピークになるとされていますが、早い人だと3日程度からピークを迎えます。
禁断症状 「禁煙の壁」と言われるもので3日、3週間、30日、3ヵ月でそれぞれ大きな壁に当たりやすく禁煙を断念しやすい要注意の日と言われています。
大抵の人は3か月以内に禁煙を断念してしまいますが、それゆえ何も工夫せず禁煙を開始した場合の成功率は7%ととても低い数値になっているんです。
では、解決策がないのか?というと、決してそういうわけではありません。

禁煙補助薬のチャンピックスをつかえば禁煙成功率を劇的に向上させることができるんです!
チャンピックスを服用しながら禁煙を開始した場合の成功率は60%以上で、何も工夫せずに禁煙を開始した場合とは比べものになりません。
ここまで成功率を向上させることできたのにはもちろん理由があります。
理由は大きく分けると2つです。

@タバコをいきなり止める事なく禁煙を開始できること
禁煙を開始し、チャンピックスの服用を始めてから1週間は以前の生活と同じように喫煙をしても問題ありません。
個人差はありますが、早い人だと3日目くらいでタバコの味に変化が生じ、これまで美味しいと感じていたタバコが不味く感じるようになります。
そして8日目から喫煙も中止し本格的に禁煙をする事になりますが、タバコが不味いと感じたら止める事が苦になるどころか、喜んで止めるという発想になりませんか?

Aタバコを吸うわずともニコチンを摂取できること
チャンピックスにニコチンが含まれているため、タバコを吸うよりも早くニコチン受容体というものと結合してしまうため、タバコの摂取によってニコチンが体内に入った時には行き場がありません。
そうなった際のニコチンというものは身体に不快感を与える物質であり、その結果タバコが不味いという感覚になります。
身体の仕組みを利用し禁煙効果を高めるということからもチャンピックスの有効性というのが伺えるかと思います。

上記2つの理由がチャンピックスの高い禁煙率を誇る理由と言えます。
もし禁断症状に耐えられなくて禁煙を断念してしまった経験がある人や、禁煙を開始するのに一歩踏み出せずにいる人がいたら禁煙補助薬のチャンピックスは是非オススメです!
TOPに戻る